ETMEMEMAGAZINE

誕生、エミーム。新ブランドの魅力とは

  • twitter
  • facebook
  • line
  • いよいよこの春お披露目となった髪色ケアに特化したブランド「エミーム」。ETMEMEと書いてエミームと読みます、造語です(この話はまた別の機会に)。いくつもの試作を経て生まれた新ブランドには、私たちのこだわりがギュッと詰まっています。

  • 今、髪がキレイとはつまり、髪色がキレイ。

    ところで、みなさん、ヘアカラーしていますか? ほとんどのかたがYES!と答えたのではないでしょうか。では、ヘアカラー用のケアを家でもしている?と聞いたらどうでしょう。「なかなかそこまでは…」「時間があればしたいけれど」「何をしたらいいのかよくわからない」というかたが多いのではと思います。

    それではまた別の質問。自分の髪がいちばんキレイだなと思う瞬間は? そう、この答えにはきっと「ヘアカラーをした染めたての髪!」と感じているかたが多いのではないでしょうか。美容師さんのテクニックによるツヤやかな仕上げはもちろんありますが、髪は色素が補給され、内側から発光するようなみずみずしさをまとった瞬間がいちばん輝いて見えるもの。ヘアカラーをすることが当たり前の時代、髪がキレイとはイコール「髪色がキレイ」であること。これがエミームの出発点です。

  • 髪色ケアをベースにしたシャン&トリ。

    そこでまず取り組んだのが、効果的な髪色ケア成分を処方すること。しかも、すべての製品に。試行錯誤を重ねて4つの共通配合成分が決まりました。レモングラス生体水、リンゴ酸ジイソステアリル、加水分解ケラチン(羊毛)、サンフラワーセラミドです。

    それぞれが効果的に働きあい、ヘアカラーの染料を閉じ込め、キューティクルをコーティングしてツヤを宿す。洗うたびに髪色がきらりと蘇る、そんな確かな実感を得ることができます。

    もうひとつ、エミームがこだわったのは日々の生活に取り入れやすいこと。最初の話に戻りますが、家でヘアカラーのためのケアまで手が回らないのには理由がありました。ヘアカラー直後に切り替えて使う数日間の専用シャンプー、ヘアカラー毛用のやや重め質感のケアアイテムなど、これまでヘアカラーケアというと普段のお手入れにプラスαして使うものや、求める質感と異なるものがどうしても多かったように思います。それではなかなか続かないですよね。

    ヘアカラーケアを定着させ、多くの女性に髪色をもっとたのしんでもらいたいというのがエミームの願い。だからアイテム構成はとてもシンプルです。

    新しい出会い、新しい環境、新しい自分。新鮮さにあふれる春、気分新たにはじめるお手入れでキレイをアップデートしませんか?

KEYWORDS

RELATED ARTICLES

「エミーム」という名前には、こんな想いがあります。

see MORE

きっとやみつきになる、心も弾む軽い洗い上がり。

see MORE

4つのコンディショニングケア、選ぶならどれ?

see MORE